Any Time At All – The Beatles

A HARD DAY'S NIGHT, The Beatles

composed by John Lennon & Paul McCartney ©1964 Northern Songs Ltd.
 

もし誰かを愛したいなら
僕の目を見て
僕はそこにいる
君がいい気分になれるように
寂しくはないかい
とても心配なんだ
悲しまないで
僕に電話して

 

ビートルズが1964年にリリースしたアルバムA HARD DAY’S NIGHTの8曲目(LP盤ではB面1曲目)。クレジットはLennon – McCartneyだが、実質的にはジョン・レノンの作品である。アルバムは同年に公開されたビートルズにとって初の主演映画A HARD DAY’S NIGHTのサウンドトラックアルバムだが、この曲は映画では使われていない。

WITH THE BEATLESの「イット・ウォント・ビー・ロング」にインスパイアされて作ったと後年語っている。
“Any time at all"と3回繰り返す部分のうち2回目はポールが歌っている。おそらくジョンにとってはキーが高すぎたためだと思われる。


John Lennon (1980)
An effort at writing 'It Won’t Be Long’ –same ilk. C to A minor, C to A minor with me shouting.
 
「イット・ウォント・ビー・ロング」と似た感じの曲だね。CからAmで僕がシャウトしてる。

My Recording Data

Environment

HostApple iMac MC509J/A
ApplicationApple Logic Pro 10.2
Audio I/FRoland UA-55
 

Tr.1 :: Drums

  • KONTAKT 5 – NI ABBEY ROAD 60S DRUMMER
  • Channel EQ > Compressor > Space D > Limiter

 

Tr.2 :: Drums 2

  • KONTAKT 5 – NI ABBEY ROAD 60S DRUMMER
  • Channel EQ > Compressor > Space D > Limiter
  • ブレーク強調のために追加したトラック

 

Tr.3 :: Bass

  • Hofner 500/1 Vintage 62 (treble=off, bass=on, solo)
  • Guitar Rig > Compressor

 

Tr.4 :: A.Guitar

  • YAMAHA FG-520 TBS
  • Channel EQ > Compressor > Limiter > ADT

 

Tr.5 :: E.Guitar

  • Rickenbacker 360/12 (rear – full)
  • Guitar Rig > Channel EQ > Exciter > Compressor

 

Tr.6 :: Piano

  • exs24 – Steinway Grand Piano
  • Channel EQ > Exciter > Space D > Compressor

 


History

2015.11.10: version 2.1
2011.01.10: version 2.0
2005.07.18: version 1.1 …ピアノ以外再録
2002.06.10: version 1.0

Diary


 


Sources