Hold Me Tight – The Beatles

The Beatles, WITH THE BEATLES

composed by John Lennon & Paul McCartney ©1963 Northern Songs Ltd.
 

いい気分だ
強く抱きしめて
僕だけだって言ってほしい
そうすれば僕は
もうひとりぼっちじゃなくなる
だからしっかり抱きしめて
今夜
君だ
君なんだ

 
ビートルズが1963年にリリースしたアルバムWITH THE BEATLESの9曲目。クレジットはLennon – McCartneyだが、実質的にはポール・マッカートニーの作品である。

前アルバムPLEASE PLEASE MEのセッションで演奏されたがボツになり、アレンジを変えて再度録音された。ハンドクラップを前面に出したアレンジは前曲「ロール・オーバー・ベートーベン」に似ている。

ポールはこの曲が嫌いなようで、あまり話題にしたがらない。


John Lennon (1980)
That was Paul’s. Maybe I stuck some bits in there… I really don’t remember. It was a pretty poor song and I was never really interested in it either way.
 
ポールの曲だ。僕も少し手伝ったかもしれないけど…覚えてない。本当につまんない曲でね。どっちにしても全然興味がなかったよ。

Paul McCartney (1988)
I can’t remember much about that one. Certain songs were just 'work’ songs… you haven’t got much of a memory of them. That’s one of them. You just knew you had a song that would work, a good melody. 'Hold Me Tight’ never really had that much of an effect on me. It was a bit Shirelles.
 
その曲のことはよく覚えてないな。単なる「仕事」で書いたような曲はあまり記憶に残らないんだ。これもそんな曲のひとつだね。「ホールド・ミー・タイト」は僕にとって大事な曲じゃなかった。ちょっとシュレルズっぽいかな。

Paul McCartney (1994)
'Hold Me Tight’ was a failed attempt at a single which then became acceptable album filler.
 
「ホールド・ミー・タイト」は失敗作さ。アルバムの曲数稼ぎにしかならなかった。

My Recording Data

Environment

HostApple iMac MC509J/A
ApplicationApple Logic Pro 10.2
Audio I/FRoland UA-55
 

Tr.1 :: Drums

  • KONTAKT 5 – NI ABBEY ROAD 60S DRUMMER
  • Channel EQ > Compressor > Space D > Limiter

 

Tr.2 :: Hand Clap

  • KONTAKT 5 – NI ABBEY ROAD 60S DRUMMER
  • Channel EQ > Compressor > Space D > Limiter
  • ハンドクラップ用にトラック分け

 

Tr.3 :: Bass

  • Hofner 500/1 Vintage 62 (treble=off, bass=on, solo)
  • Guitar Rig > Compressor

 

Tr.4 :: Guitar 1

  • FGN NCST-10R (Rear)
  • Guitar Rig > Channel EQ > Compressor > ADT

 

Tr.5 :: Guitar 2

  • Gretsch Tennessee Rose (Front – Hi)
  • Guitar Rig > Channel EQ > Compressor

 

Tr.6 :: Guitar 3

  • Gretsch Tennessee Rose (Front – Hi)
  • Guitar Rig > Channel EQ > Compressor
  • リードパートのサポートトラック

 


History

2015.10.01: version 2.1
2010.10.17: version 2.0
2002.06.02: version 1.0

Diary

 


Sources