Misery – The Beatles

PLEASE PLEASE ME,The Beatles

composed by John Lennon & Paul McCartney ©1963 Northern Songs Ltd.

世界中が僕につらくあたる
みじめだ

僕はこれまで
泣くことなんてなかった
世界中が僕の敵なんだ
つらい

彼女を失ってしまった
もう会うこともない
ずっと引きずるだろう
このみじめさを

ふたりで過ごした日々を思い出す
僕には彼女しかいないんだ
わかってもらえないだろうか

彼女を僕に返して
何故って わかってるだろ
彼女を失ったら
僕はダメになってしまう

ふたりで過ごした日々を思い出す
彼女も思い知るだろう
ひとりぼっちになってしまうことを

彼女を僕に返して
何故って わかってるだろ
彼女を失ったら
僕はダメになってしまう

つらいんだ

みじめなんだ

 
ビートルズが1963年にリリースしたアルバム「プリーズ・プリーズ・ミー」の2曲目。ジョン・レノンとポール・マッカートニーの共作。

1963年2月のヘレン・シャピロとのツアー中にヘレンのために書いた曲だったが「歌詞が暗い」という理由でヘレン側に断られレコーディングはされなかった。
ピアノを弾いているのはジョージ・マーチン。これは後日オーバーダビングされたもの。
 

It was kind of a John song, more than a Paul song… but it was written together.
ポールよりむしろジョンっぽい曲…だね。でも一緒に書いたんだよ。

John Lennon (1980)

John and I were a songwriting team, and what songwriting teams did in those days was wrote for everyone. 'Misery’ was for Helen Shapiro, and she turned it down. It may not have been that successful for her because it’s rather a downbeat song… 'the world is treating me bad, misery.’ It was quite pessimistic. And in the end Kenny Lynch did it. Kenny used to come out on tour with us, and he used to sing it. That was one of his minor hits.
ジョンと僕は作曲のチームだった。いろんな人のために曲を作ったよ。「ミズリー」はヘレン・シャピロのために書いたんだ。でも歌ってもらえなかった。「世界中が私につらくあたるの…みじめだわ」なんて曲、彼女には合わなかったのかもしれないね。ホントに悲観的な曲さ。でもケニー・リンチはやってくれたよ。ケニーとはよく一緒にツアーで回っててね、その時に歌ってくれたんだ。彼の地味なヒット曲になったよ。

Paul McCartney (1988)

My Recording Data

Environment

HostApple Macbook Pro M1
ApplicationApple Logic Pro 10.6.1
Audio I/FNative Instruments KOMPLETE AUDIO 6

Tr.1 :: Drums

  • Drum Designer (Logic)
  • Channel EQ > Compressor > Chroma Verb > Limiter
  • Score
 

Tr.2 :: Bass

  • Hofner 500/1 Vintage 62 (treble=off, bass=on, solo)
  • Bass Amp > Tube EQ > Compressor
  • TAB
 

Tr.3 :: Guitar 1

  • Gibson 1960s J-160E
  • Tube EQ > Compressor > Chroma Verb > Sample Delay
  • Score
 

Tr.4 :: Guitar 2

  • Gibson 1960s J-160E (tone=10)
  • Amp > Tube EQ > Compressor > Chroma Verb > Sample Delay
  • TAB
 

Tr.5 :: Piano

  • Sampler – Steinway Grand Piano
  • Chorus > Echo > Channel EQ > Sample Delay > Compressor > Chroma Verb
  • Score
 

History

2021.01.27: version 2.2.1
2021.01.19: version 2.2
2015.08.07: version 2.1
2010.09.04: version 2.0
2002.05.18: version 1.0

Diary


 

Sources