I’ll Be Back – The Beatles

A HARD DAY'S NIGHT,The Beatles

composed by John Lennon & Paul McCartney ©1964 Northern Songs Ltd.

君にフラれたら僕は出ていく
でもまた戻ってくる

前に君にサヨナラを言った時も
結局戻ってきたから

こんなに君を愛しているは
僕だけなんだ
僕だけなんだ

きっと見つけられるよ
僕を弄ぶよりも楽しいことを
今度こそは思い知らせる
見せかけじゃないってことを

気付いてくれると思ってたんだ
もし僕が去ってしまったら
君にとっていかに僕が大切かを
でもそうじゃなかった

きっと見つけられるよ
僕を弄ぶよりも楽しいことを
今度こそは思い知らせる
見せかけじゃないってことを

もうこれっきりにしたい
でも離れられないんだ
君と離れたくない

君にフラれたら僕は出ていく
でもきっとまた戻ってくる

ビートルズが1964年にリリースしたアルバム「ア・ハード・デイズ・ナイト」のラストナンバー。クレジットはLennon – McCartneyで実質的にはジョン・レノンの作品と言われてきたが、ポール・マッカートニーは自伝Many Years From Nowの中で共作であると主張している。アルバムは同年に公開されたビートルズにとって初の主演映画のサウンドトラックアルバムだが、この曲は映画では使われていない。

歌詞の内容からして恋人に当てた曲かと思いきや、実は1964年にジョンが長らく行方不明だった父アルフレッドと再会したことをきっかけにして父親のことを書いた曲らしい。

マイナーコードとメジャーコードが混在するこの曲の構成について、後年ジョンは「デル・シャノンの『悲しき街角』から自分流に手を加えた」と語っている。

元々は3拍子のワルツ調だったがレコーディングセッション中に4拍子に変更された。このワルツのテイクでジョンが「歌いにくい!」と言って演奏をやめてしまったものが「ザ・ビートルズ・アンソロジー (Disk3)」に収録されている。
 

A nice tune, though the middle is a bit tatty.

いい曲だ。ミドルはちょっとお粗末だけど。

ジョン・レノン(1972)

I’ll Be Back’ is me completely. My variation of the chords in a Del Shannon song.

「アイル・ビー・バック」は僕の曲だ。デル・シャノンの歌のコードを参考にした。

ジョン・レノン(1980)

'I’ll Be Back’ was co-written, but it was largely John’s idea.

「アイル・ビー・バック」は共作だよ。でもほとんどジョンのアイデアだった。

ポール・マッカートニー(1994)

Environment

History

2022.11.19: version 2.2
2015.11.18: version 2.1
2011.01.10: version 2.0
2005.10.09: version 1.1 …テンポマップそのままで全パート再録
2002.07.28: version 1.0

Diary


 

Sources