All My Loving – The Beatles

The Beatles, WITH THE BEATLES

composed by John Lennon & Paul McCartney ©1963 Northern Songs Ltd.
 

目をとじて
キスするから
明日になれば離れ離れ
でも覚えておいて
僕はいつでも君を想ってる
離れている間
毎日手紙を書くよ
僕の全ての愛を君に届ける

 
ビートルズが1963年にリリースしたアルバムWITH THE BEATLESの3曲目。クレジットはLennon – McCartneyだが、実質的にはポール・マッカートニーの作品である。

メロディ・メーカーの彼らしい美しい旋律を持ち、ジョン・レノンに「ポールは完璧な作曲の能力がある」と言わしめたほど完成された曲。ジョンは正確で力強い3連のリズムギターを刻み、ジョージ・ハリスンはカントリー・タッチの豊かなソロを聴かせてくれる。
英国ではEPこそ発売されたものの、シングルカットはされなかった。

ビートルズが初めて米国を訪れた時に出演した人気TV番組「エド・サリバン・ショー」で最初に演奏した曲としてとりわけ米国では人気が高い。

Now yesterday and today our theater’s been jammed with newspapermen and hundreds of photographers from all over the nation, and these veterans agreed with me that the city never has the excitement stirred by these youngsters from Liverpool, who call themselves The Beatles. Now tonight, you’re gonna twice be entertained by them. Right now, and again in the second half of our show. Ladies and gentlemen, The Beatles. Let’s bring them on.
 
昨日も今日もこの劇場には国中から新聞記者やカメラマンが押し寄せています。長年この世界にいる彼らも、そして私も、この街がこれほどの興奮に包まれた経験はかつてないものだと感じています。それを巻き起こしたのはリバプールからやって来た「ビートルズ」という名の青年たち。今夜は彼らのショーが2回。まさに今からと、番組の後半にも登場します。ではお迎えしましょう。ザ・ビートルズ!

司会のエド・サリバンにこう紹介され画面に登場したビートルズはポールの5カウントから「オール・マイ・ラビング」、その後「ティル・ゼア・ウォズ・ユー」と「シー・ラブズ・ユー」を演奏した。

全米総人口の72%の人 (約7300万人) がこの番組で彼らの演奏を見たと言われている。また、ビートルズ出演の時間帯だけマンハッタンにおける少年犯罪発生率が低下したという逸話もあり、この曲は「抱きしめたい」と並んでビートルズ米国制覇の象徴にもなった。

ジョンが1980年12月8日、ニューヨークの自宅前でマーク・チャップマンに銃で射たれ同日23時過ぎに担ぎ込まれた病院で死亡した時、病院のスピーカーからはこの曲が流れていた
 


John Lennon (1972)
This was one of his first biggies.
 
彼の最初の秀作のひとつさ。

John Lennon (1980)
'All My Loving’ is Paul, I regret to say. Because it’s a damn fine piece of work. But I play a pretty mean guitar in back.
 
悔しいけど、「オール・マイ・ラビング」はポールだ。なんで悔しいかって、これは本当にいい曲だからね。でも僕も頑張ってギターを弾いたよ。

Paul McCartney (1984)
Yeah, I wrote that one. It was the first song I ever wrote where I had the words before the music. I wrote the words on a bus on tour, then we got the tune when I arrived there. The first time I’ve ever worked upside down.
 
うん、僕が書いた。曲よりも歌詞を先に書いたのはこの曲が初めてだった。ツアーで移動中のバスの中で歌詞を作って、到着してから曲を付けた。それまでの曲作りとは逆の手順だったんだ。

Paul McCartney (1988)
I think that was the first song where I wrote the words without the tune. I wrote the words on the tour bus during our tour with Roy Orbison. We did alot of writing then.
 
メロディーができる前に歌詞を書いたのはこれが初めてだったと思う。ロイ・オービソンと一緒にまわったツアーのバスの中で作ったんだ。この時に結構たくさん曲を書いたよ。

Paul McCartney (1994)
It was a good show song. It worked well live.
 
ライブ向きの曲だね。ライブだといい感じになるよ。

My Recording Data

Environment

HostApple iMac MC509J/A
ApplicationApple Logic Pro 10.2
Audio I/FRoland UA-55
 

Tr.1 :: Drums

  • KONTAKT 5 – NI ABBEY ROAD 60S DRUMMER
  • Channel EQ > Compressor > Space D > Limiter

 

Tr.2 :: Bass

  • Hofner 500/1 Vintage 62 (treble=off, bass=on, solo)
  • Guitar Rig > Compressor
  • 最終バースでポールがミストーン。コピーしようか迷ったんだけどやることにした。
  • Score / TAB

 

Tr.3 :: Guitar 1

  • FGN NCST-10R (front tone=10)
  • Guitar Rig > Channel EQ > Compressor > ADT

 

Tr.4 :: Guitar 2

  • Gretsch Tennessee Rose (Mix – Mid)
  • Guitar Rig > Channel EQ > Compressor > ADT

 


History

2015.09.10: version 2.1
2010.10.17: version 2.0
2005.05.28: version 1.1
2002.05.28: version 1.0

Diary


 


Sources