Please Mister Postman – The Beatles

The Beatles, WITH THE BEATLES

composed by B.Holland, F.Gorman, G.Dobbins, R.Bateman & W.Garrett
©1961 Dominion Music Co., Ltd.
 

郵便屋さん ちょっと待って
その鞄の中に 僕宛ての手紙はないかい?
ずっとずっと待ってるんだ
彼女からの便りを

 

ビートルズが1963年にリリースしたアルバムWITH THE BEATLESの7曲目(LP盤ではA面のラストナンバー)。モータウンのソングライターチームによって作られ、コーラスグループのマーベレッツが61年8月に発売。12月にNo.1を獲得した曲のカバー。当時EMIがモータウンの英国内販売権を獲得したことへのプロモーションを兼ねてアルバムに収録された。

マーベレッツが女性コーラスグループだったため歌詞の三人称を変更して演奏している。メインボーカルはジョン・レノン。これにポール・マッカートニーとジョージ・ハリスンを交えた三人でのコーラスワークは彼らが敬愛していた黒人コーラスグループからの影響を感じさせるもので、彼らがロックンロールに留まらず幅広い音楽性を持つバンドであることを証明した曲とも言える。

英米ではシングルカットされなかったが日本ではシングルカットされた。このためマーベレッツのオリジナルよりも一部では知られている。矢沢永吉は中学生の頃この曲を聴いてビートルズ狂になったと後年告白している。

なお、この曲にはジョンがデビュー前のハンブルグ巡業時代にリバプールで彼の帰りを待つ恋人で後に彼の妻となるシンシア・パウエル宛のラブレターの表に「郵便屋さん早くシンの元に届けて」と、この曲の歌詞をもじって書いていたというエピソードがある。


Paul McCartney (1984)
Influenced by the Marvelettes, who did the original version. We got it from our fans, who would write 'Please Mr. Postman’ on the back of the envelopes. 'Posty, posty, don’t be slow, be like the Beatles and go, man, go!’ That sort of stuff.
 
マーベレッツの曲だ。僕らのファンから封書の裏に「郵便屋さん、お願い」と書かれたものが届いたんだ。「モタモタしないで、ビートルズみたいにやろう、さあ!」ってね。ちょっとしたことさ。

My Recording Data

この曲はボーカルワークが面白い曲なので演奏だけだとちょっと…。ボーカルが無いと自分が今どこを弾いているのかわからなくなるのでそういう意味で油断ができない。

Environment

HostApple iMac MC509J/A
ApplicationApple Logic Pro 10.2
Audio I/FRoland UA-55
 

Tr.1 :: Drums

  • KONTAKT 5 – NI ABBEY ROAD 60S DRUMMER
  • Channel EQ > Compressor > Space D > Limiter

 

Tr.2 :: Hand Clap

  • KONTAKT 5 – NI ABBEY ROAD 60S DRUMMER
  • Channel EQ > Compressor > Space D > Limiter
ハンドクラップ用にトラック分け。オープニングのハイハットだけ厚み付けのためにここにも配置した。

 

Tr.3 :: Bass

  • Hofner 500/1 Vintage 62 (treble=off, bass=on, solo)
  • Guitar Rig > Compressor

 

Tr.4 :: Guitar 1

  • FGN NCST-10R (Rear)
  • Guitar Rig > Channel EQ > Compressor > ADT

 

Tr.5 :: Guitar 2

  • Gretsch Tennessee Rose (Front – Hi)
  • Guitar Rig > Channel EQ > Exciter > Compressor

 


History

2015.09.26: version 2.1
2010.10.17: version 2.0
2002.06.01: version 1.0

Diary


 


Sources