Don’t Bother Me – The Beatles

The Beatles,WITH THE BEATLES

composed by George Harrison ©1963 Dick James Music Ltd.

彼女が去ってしまってから
誰にも話しかけられたくない
もう前とは違うんだ
でも悪いのは僕
そんなことわかってるさ
だからどこかに行ってくれ
ひとりにしてくれ
ほっといてくれ

信じられないんだ
彼女が僕をひとりにしてしまうなんて
毎晩寂しい思いをしてる
こんなのおかしいよ
君に構ってるひまなんか無いんだ
ほっといてくれ

彼女が戻ってきてくれなければ
自分が自分でなくなってしまう
なぜって彼女はずっと
僕にとってかけがえのない人だから

彼女が帰ってくるまで
僕に近寄らないで
どこかに行ってくれ
彼女が戻ってきたら知らせるから
その日まで
まとわりつかないで
ひとりにしておいて
ほっといてくれ

君に構ってる時間なんかないんだ
ほっといてくれ

彼女が戻ってきてくれなければ
自分が自分でなくなってしまう
なぜって彼女はずっと
僕にとってかけがえのない人だから

彼女が帰ってくるまで
僕に近寄らないで
どこかに行ってくれ
彼女が戻ってきたら知らせるから
その日まで
まとわりつかないで
ひとりにしておいて
ほっといてくれ

構わないでくれ
ほっといてくれ
どっか行け

 
ビートルズが1963年にリリースしたアルバム「ウィズ・ザ・ビートルズ」の4曲目。ジョージ・ハリスンの作品。
63年8月のポーツマスでの公演中に体調を崩してホテルで静養しているときに書かれた。彼にとっては初めての自作曲リリースである。

ジョージは親しい友人から「君はなぜ曲を作らないんだ?」とよく質問されていた。この曲はその質問に対する彼の返答だった。"Don’t bother me (ほっといてくれ)"
ジョージの作品ではあるがまだジョン・レノンやポール・マッカートニーの影響を受けていて自分のスタイルが確立しきれていないようだ。 彼は後年自らこの曲を評して「他の二人を見ていたからやり方は分かっていたけど…これはあまりいい曲とはいえないね」と語っていた。

The first song that I wrote… as an exercise to see if I could write a song. I wrote it in a hotel in Bounemouth, England, where we were playing a summer season in 1963. I was sick in bed… maybe that’s why it turned out to be 'Don’t Bother Me.’ I don’t think it’s a particularly good song… It mightn’t even be a song at all, but at least it showed me that all I needed to do was keep on writing, and then maybe eventually I would write something good.

作曲の練習としてね初めて作った曲だ。1963年の夏に泊まってたイングランドのボーンマスのホテルで書いた。僕は病気で寝込んでて…だから「放っといてくれ」なんてタイトルにしたのかもしれない。いい曲だとは思わないし、そもそも「曲」と呼べるものですらないかもしれないけど、書き続けるのが大事だってことはわかった。そして、いつかいい曲を書いてやるぞって思ったよ。

ジョージ・ハリスン(1980)

I think John and I were really concentrating on– 'We’ll do the 'real’ records,’ but because the other guys had alot of fans we wrote for them too. George eventually came out with his own, 'Don’t Bother Me,’ but until then he hadn’t written one.

ジョンと僕は「本物の」レコードを作ることにひたすら没頭してた。でも他のメンバーにもたくさんのファンがいたから彼らのための曲も書いたよ。ジョージはとうとう自分で「ドント・バザー・ミー」を作ったけど、それまで彼は1曲も書いたことがなかったんだ。

ポール・マッカートニー(1988)

My Recording Data

Environment

HostApple Macbook Pro M1
ApplicationApple Logic Pro 10.6.2
Audio I/FFocusrite Clarett 2Pre USB
 

Tr.1 :: Drums

  • KONTAKT 5 – NI ABBEY ROAD 60S DRUMMER
  • Channel EQ > Compressor > Space D > Limiter
 

Tr.2 :: Bass

  • Hofner 500/1 Vintage 62 (treble=off, bass=on, solo)
  • Guitar Rig > Tube EQ > Limiter
  • TAB
 

Tr.3 :: Guitar 1

  • Gretsch Tennessee Rose (Rear – Low)
  • Amp > Channel EQ > Exciter > Compressor > Sample Delay
 

Tr.4 :: Guitar 2

  • Gretsch Tennessee Rose (Rear – Mid)
  • Amp > Channel EQ > Compressor > Sample Delay
 

Tr.5 :: Guitar 3

  • Rickenbacker 325 C64 (rear – full)
  • Guitar Rig > Tube EQ > Channel EQ > Chroma Verb > Sample Delay
 

Tr.6 :: Tambourine

  • Tambourine (Headless)
  • Limiter > Channel EQ > Space D
 

Tr.7 :: Claves

  • Sampler (Logic) – Studio Percussion
  • Channel EQ > Chroma verb > Limiter
 

Tr.8 :: Bongo

  • KONTAKT 5 – Bongos
  • Limiter
 

History

2015.05.19: version 2.2
2015.09.12: version 2.1
2010.10.17: version 2.0
2002.05.28: version 1.0

Diary


 


Sources