Ebony And Ivory – Paul McCartney & Stevie Wonder

eXtra

composed by Paul McCartney ©1982 MPL Communications Ltd.

エボニーとアイボリー
完全な調和の中で
共に生きる
僕のピアノの鍵盤に並んで
主よ
なぜ僕らは違うのでしょうか?

僕らはみんな知っている
住んでいる場所に関係なく
人はみんな同じなんだってことを
誰にだって
長所と短所があるということを

僕らは学ぶ
生きること
互いに与えあうこと
生きるために必要なものを
共に生きるために

エボニーとアイボリー
完全な調和の中で
共に生きる
僕のピアノの鍵盤に並んで
主よ
なぜ僕らは違うのでしょうか?

僕らはみんな知っている
住んでいる場所に関係なく
人はみんな同じなんだってことを
誰にだって
長所と短所があるということを

僕らは学ぶ
生きること
互いに与えあうこと
生きるために必要なものを
共に生きるために

エボニーとアイボリー
完全な調和の中で
共に生きる
僕のピアノの鍵盤に並んで
主よ
なぜ僕らは違うのでしょうか?

TUG OF WAR

ポール・マッカートニーのアルバム「タッグ・オブ・ウォー」からポール・マッカートニー&スティービー・ワンダーとしてリリースされた先行シングル盤。

楽器は全てポールとスティービーが演奏した。ブラックミュージックの巨匠であるスティーヴィーと、ポップミュージックの天才であるポールの組み合わせは「夢の共演」と言われた。

「ピアノの黒鍵(Ebony)と白鍵(Ivory)が一つのハーモニーを奏でるように、白人と黒人、無色人種と有色人種、すなわち人類が調和する」というテーマをポールとスティービーのデュエットで歌い上げたこの曲は世界中で反響を呼び、アメリカのビルボードでは1982年5月15日に第1位を獲得。ビルボード誌の1982年の年間チャートで第4位。キャッシュボックス誌では5月15日から第1位を6週間獲得しこちらも年間第4位を記録した。イギリスでも週間チャート第1位を獲得。ポールにとってはビートルズ解散後ウイングス時代を含めてイギリス・アメリカ両方の国で1位を獲得した初めて・かつ唯一の曲。日本でもオリコン洋楽チャートで第1位を記録した。

2010年にポールがアメリカの音楽賞「ガーシュウィン賞」を受賞した際の授賞式でアメリカ初の黒人大統領であるバラク・オバマ大統領の前でスティービーと共にこの曲を演奏した

They didn’t like ‘Ebony and Ivory’, the critics. I can see what they’re talking about, but I think it was good. A black sax player, Ernie Watts, who plays for the Stones, he thanked me in LA: ‘Hey Paul, that song? I’ve got a white girlfriend, it really helped.’ Now, why am I gonna listen to some critics after that? I don’t care if they don’t like it, it sold OK. I got to sing with Stevie.
It wasn’t the greatest coming together of me and Stevie. Cos he’s a giant, and I can be fairly gigantic, and the two of us could have been mega giants… But for Christ’s sake it was number one, you know? It did something. You find yourself justifying your successes. It’s a funny state of affairs.

「エボニー・アンド・アイボリー」は評論家には嫌われたもんさ。彼らの言わんとすることはわけるけど、僕は気に入ってた。ストーンズのサックス演奏者だったアーニー・ワッツとロスで会った時に感謝されたよ。「ポール、あの曲かい?僕には白人のガールフレンドがいるんだ。とても勇気づけられたよ」ってね。で、なんで今になって評論家の話を聞く気になったかって?彼らがどう思おうが別に構わないのさ。よく売れたし、スティービーと一緒にできたし。
僕らにとっての最高傑作というわけじゃない。彼は偉大なミュージシャンだし、僕もまぁまぁ有名。そんなふたりが一緒になったらとてつもないことに…でも神の御前ではね。だろ?素晴らしいことをした。その成功の理由を探してる自分がいるんだ。おかしな話さ。

“Conversations With McCartney“ by Paul Du Noyer

Paul

I wanted a black feller and me as the white feller – I thought that was the way it ought to be done: it seemed obvious. I thought if I could have anyone it would be Stevie Wonder, so I got a demo to him and said ‘I’d love you to be the other singer on it’ and Stevie sent a message back saying sure, he liked it and he might do it. So I said, we’re going to Montserrat and it’d be great if we could team up there. We got to Montserrat and my manager came in a bit pasty-faced and said ‘I don’t think Stevie’s coming’. Luckily he was still on the phone, so I leapt to the phone: ‘Stevie, you’ve gotta come down!’ ‘Well, I’ve got some stuff up here to do’ (this elusive album he was always doing). But he’s a lovely guy, so I said ‘Come on, you’ve gotta come down. You haven’t had a holiday and it’s fantastic here: swimming, clear skies – it’s gorgeous.’ So he came and we made the track and that was great.

白人と黒人が一緒に歌うべき曲であることは明白だった。一緒にやってくれる人が必要で、スティービー・ワンダーこそが最適だと思ったんだ。だからデモテープを彼に送って「ぜひ一緒に歌って欲しい」と言った。彼は曲を気に入って引き受けてくれたよ。僕は彼に「モントセラトに行くんだ。そこでチームを組んだら素晴らしいよ」と伝えた。モントセラトに着くと僕のマネージャーがちょっと蒼白な顔でやってきて「スティービーは来ないと思う」って言うんだ。幸い彼と電話していたところだったから「スティービー、来てよ」って言ったら彼は「えっと今こっちでやることがあるんだ(アルバムの制作中だった)」って。でもとってもいい人でね、「いいからおいでよ。まだ休暇とってないでしょ?ここに来ればきっと素敵だよ。きれいな空の下で泳げるんだ、贅沢なもんさ」。結局彼は来てくれて共演できたんだ。素晴らしかったよ。

from an interview with Club Sandwich, 1988
:

My Recording Data

Environment

HostApple Macbook Pro M1
ApplicationApple Logic Pro 10.6.1
Audio I/FNative Instruments KOMPLETE Audio 6

Tr.1 :: Drums

  • Drum Kit (Logic)
  • Channel EQ > Compressor > Chroma Verb > Limiter
 

Tr.2 :: Conga

  • Sampler – Standard Percussion (Logic)
  • Channel EQ > Compressor > Chroma Verb > Limiter
 

Tr.3 :: Shaker

  • Sampler – Shaker 1 Performance (Logic)
  • Channel EQ > Compressor > Chroma Verb > Limiter
 

Tr.4 :: Hand Clap

  • Drum Synth (Logic)
  • Channel EQ > Compressor > Chroma Verb > Limiter
 

Tr.5 :: Bass

  • Fender American Professional Jazz Bass (all full)
  • Pedalboard > Bass Amp > Tube EQ > Compressor
 

Tr.6 :: Guitar

  • Headway HD-113 SE/STD
  • Channel EQ > Tube EQ > Compressor > Chroma Verb > Sample Delay
 

Tr.7 :: Piano

  • Sampler – Steinway Grand Piano (Logic)
  • Channel EQ > Exciter > Limiter > Chroma Verb
 

Tr.8 :: E.Piano

  • Vintage Electric Piano (Logic)
  • Channel EQ > Exciter > Limiter > Chroma Verb
 

Tr.9-11 :: Synthesizer (brass)

  • ES2 (Logic)
  • Channel EQ > Compressor > Compressor > Sample Delay > Chroma Verb
 

Tr.12 :: Synthesizer (strings)

  • Sampler – Smooth Strings (Logic)
  • Channel EQ > Space Designer
 

Tr.13 :: Synthesizer (percussive lead)

  • ES2 (Logic)
  • Compressor > Channel EQ > Compressor > Chroma Verb > Sample Delay > Limiter
 

Tr.14 :: Synthesizer (pulse lead)

  • ES2 (Logic)
  • Compressor > Channel EQ > Compressor > Chroma Verb > Sample Delay > Limiter
 

Tr.15,16 :: Synthesizer (bell)

  • Sculpture (Logic)
  • Compressor > Channel EQ > Compressor > Chroma Verb > Sample Delay > Limiter
 

Tr.17,18 :: Vocorder

  • EVOC20 (Logic)
  • Channel EQ > Compressor > Sample Delay > Chroma Verb > Limiter
 

Tr.19-23 :: Chorus

  • Channel EQ > Sample Delay > Compressor > Ensemble > Direction Mixer > Chrome Verb > Limiter
 

Tr.24,25 :: Vocal

  • Channel EQ > Compressor > Sample Delay > Chrome Verb > Limiter > Compressor > Adaptive Limiter > Chroma Verb
 

History

2021.03.11: version 1.0.1
2021.03.10: version 1.0

Diary

Source