And I Love Her – The Beatles

A HARD DAY'S NIGHT, The Beatles

composed by John Lennon & Paul McCartney ©1964 Northern Songs Ltd.
 

僕の愛を全て彼女に捧げる
それが僕のできること
もし君が僕の愛する人に会ったら
君も彼女を愛してしまうだろう
僕は彼女を愛してる

 

ビートルズにとって初の主演映画となった1964年公開の"A HARD DAY’S NIGHT (邦題『ビートルズがやってくるヤァ!ヤァ!ヤァ!』)"で使用され、同年リリースされたサウンドトラックアルバムの5曲目に収録された曲。クレジットはLennon – McCartneyだが、実質的にはポール・マッカートニーの作品である。

ガット・ギターはジョージ・ハリスン。この時期ジョージはナイロン弦のガットギターに魅了されはじめていた。
イントロのリフはセッション中にジョージが考えたフレーズ。
「コードを覚えたジョージが『リフが必要だ』と言ってこのフレーズを弾いたんだ。僕が書いたんじゃない。すごくいいよね」(ポール)


John Lennon (1972)
Both of us wrote it. The first half was Paul’s and the middle-eight is mine.
 
ふたりで書いた。最初の部分はポールでミドルエイトが僕さ。

John Lennon (1980)
'And I Love Her’ is Paul again. I consider it his first 'Yesterday.’ You know, the big ballad in 'A Hard Day’s Night.’
 
「アンド・アイ・ラブ・ハー」もポールだ。「ア・ハード・デイズ・ナイト」に入ってる、「イエスタデイ」の初版って感じのバラードさ。

Paul McCartney (1984)
It’s just a love song. It wasn’t for anyone. Having the title start in midsentence, I thought that was clever. Well, Perry Como did 'And I Love You So’ many years later. Tried to nick the idea. I like that… it was a nice tune, that one. I still like it.
 
ラブソングだ。特定の誰かのことを書いたわけじゃないよ。タイトルは文節の途中から抜き出したんだ。これは我ながら賢明だと思った。何年も経ってからペリー・コモが「アンド・アイ・ラブ・ユー・ソー」ってのをやったけど、この曲からアイデアを得たんじゃないかな。僕は好きだよ、いい曲だったし。今でも好きだ。

My Recording Data

Environment

HostApple iMac MC509J/A
ApplicationApple Logic Pro 10.2
Audio I/FRoland UA-55
 

Tr.1 :: Bongo

  • KONTAKT 5 – Bongos
  • Channel EQ > Limiter

 

Tr.2 :: Clabes

  • exs24 – Percussion Kit
  • Channel EQ > Limiter

 

Tr.3 :: Bass

  • Hofner 500/1 Vintage 62 (treble=off, bass=on, solo)
  • Guitar Rig > Compressor

 

Tr.4 :: Guitar 1

  • YAMAHA FG-520 TBS
  • Channel EQ > Compressor > Limiter > ADT

 

Tr.5 :: Guitar 2

  • Antonio Sanchez AS1027
  • Channel EQ > Compressor > Space D

 

Tr.6 :: Guitar 3

  • Antonio Sanchez AS1027
  • Channel EQ > Compressor > Space D
  • リードパートを1本で弾いてるとどうしても鳴らせないアルペジオの部分をサポートするためのトラック。原曲には無いけど、こうするのが昔からの僕の流儀なのだ。

 


History

2015.10.25: version 2.1
2011.01.10: version 2.0
2005.07.18: version 1.1 …リズムギターを生ギターに
2002.06.10: version 1.0

Diary


 


Sources