宅録ビートルズ・2周目 332

宅録日記

Hey Jude

Chorus, Mixing

3人+1組で計6人。貴重な音源が集まった。
それぞれ1フレーズ=4小節分。これを曲の最後までコピペ → 結合して1リージョンにする。

リフレインの部分のテンポは一定じゃないので、ただコピペしただけだと途中で音ズレが起きてしまう。
これをタイムストレッチを使って補正するのだが、あんまりガチガチにしちゃうと加工臭さが出ちゃうのである程度ラフなままにしておいた。

しかしミキシングしててあらためて恐ろしくなった。
こんな大御所な皆さんのトラックをバッキングコーラスみたいにしちゃっていいのだろうか…なんか申し訳なくて。

できるだけ個々の声が聴こえるように、でもバラバラになりすぎないように。
慎重にトラックバランスを決めた。

最終的な音は「かたまり」に聴こえるかもしれない。
でもどのトラックが欠けてもこの雰囲気は出せない。
平出さんの芯の太さ
山中さんの澄んだ高音
坂田さんのハスキーボイス
ハッタリンの「合唱」特有の空気
それぞれちゃんと役割がある。
実際にどれかのトラックをミュートすると全然違うものに聴こえてしまう。

うん、そう聴こえるってことは、きっとバランスはこれでいいんだ。

動画も作り始めた。
エンディングのコンテで悩み中。

 


Diary & Music