宅録ビートルズ・2周目 118

宅録日記

Blue Jay Way


演奏の難易度はさほどでもないんだけどこの曲はとにかくミキシング時の処理が凝っていてこれの再現に難儀した。

  • 今回はビートマップ用のトラックは用意せず、原曲を解析してビートポイントを割り出してこれをもとにテンポマップを作成するという手法を試みた。導入いきなりフェードインだし、途中もブレークが多くてガイドトラックを作るのがしんどいだろうと思ってこういう方法をとったのだが、それでもやはりしんどかった。ここにかなりの時間を割いた。
  • ドラム。NI ABBEY ROAD 60S DRUMMER Late 60s Kit Full。いつものセットにフランジャーを追加。
  • ベース。Rickenbacker 4001C64。ピックアップセレクタはセンター。全体的にレガート気味に弾く。
  • オルガン。EVB3。メロディーラインとベースとで2トラック。最後はフランジャーのミックスレベルを上下させて音を揺らした。
  • チェロ。KONTAKTのライブラリ。レガート、トレモロ、スタッカートの音源とプラグインのトレモロのdepthレベルを変化させながらデータ作り。
  • リバースシンバル。ドラムトラックのシンバル単音をオーディオリージョンで書き出してこれを逆再生処理したものを配置。
  • ミキシング→サイト更新。

Blue Jay Way – The Beatles

 

Diary & Music