Within You Without You – The Beatles

SGT.PEPPER'S LONELY HEARTS CLUB BAND, The Beatles

composed by George Harrison ©1967 Northern Songs Ltd.
 

僕らは話し合っていた
人と人とを隔てる空間について
そしてありもしない壁に身を隠す人たちについて
彼らは決して真理には辿り着けない
完全に手遅れなんだ
この世から去ってしまった後では

 

ビートルズが1967年にリリースしたアルバムSGT.PEPPER’S LONELY HEARTS CLUB BANDの8曲目(LP盤ではB面の1曲目)。ジョージ・ハリスンの作品。他のメンバーはレコーディングには参加していない。

最初ジョージはこのアルバムのために「オンリー・ア・ノーザン・ソング」を用意していたがジョージ・マーティンに却下されてしまいその代わりにこの曲が作られた。前アルバムREVOLVERのLove You Toと同じくこの曲もインド楽器を総動員したラーガ・ロックで、ジョージとロード・マネージャーのニール・アスピナールがタンブーラを、ジョージの友人がタブラを、ロンドンの「アジア音楽サークル」のメンバー達がスワルマンダル、ディルルバ、タンブーラを演奏した。インド楽器以外にバイオリンとチェロもオーバーダブされている。インドに傾倒した曲ではあるが、ジョージのインド音楽の師匠であるラビ・シャンカールはこの曲を「こんなものはインド音楽じゃない」と酷評したらしい。
ちなみにジョージ本人は「僕にとっては普通のポップソング」と語っている。
最後に聞こえる笑い声についてジョージは「こういう音楽を聴かされて退屈だろうから、皮肉のつもりで入れた」と語っている。


George Harrison (1967)
I’m writing more songs now that we’re not touring. The words are always a bit of a hangup for me. I’m not very poetic. 'Within You Without You’ was written after dinner one night at Klaus Voorman’s house. He had a harmonium, which I hadn’t played before. I was doodling on it when the tune started to come. The first sentence came out of what we’d been doing that evening… 'We were talking.’ That’s as far as I got that night. I finished the rest of the words later at home.
 
ツアーに出なくなって曲を書く時間が増えた。でも歌詞を書くのは苦手なんだ。「ウィズイン・ユー・ウィズアウト・ユー」はクラウス・フォアマンの家でのディナーの後に書いた。彼はハーモニウムを持ってて、僕はそれまで弾いたことなかったんだけど曲が浮かんだから適当に演ってみたんだ。最初の文節はその日の夜に僕らがしたこと…「僕らは話し合った」さ。でもその夜はそれ以上書けなかったから家に帰ってから続きを書いたよ。

John Lennon (1967)
George has done a great indian one. We came along one night and he had about 400 indian fellas playing, and it was a great swinging event, as they say.
 
ジョージの素晴らしいインド曲だ。彼はある夜に400人のインドの仲間とこれを演ったのさ。すごく盛り上がったらしいよ。

John Lennon (1980)
One of George’s best songs. One of my favorites of his, too. He’s clear on that song. His mind and his music are clear. There is his innate talent. He brought that sound together.
 
ジョージのベスト・ワークのひとつで彼の曲の中で僕が気に入ってる曲のひとつでもある。彼の精神と音楽ってのは明瞭なんだ。天賦の才だね。

My Recording Data

Environment

HostApple iMac MC509J/A
ApplicationApple Logic Pro 10.2.4
Audio I/FRoland UA-55
 

Tr.1 :: Tabra

  • KONTAKT 5 – World Percussion Tabra
  • Channel EQ > Limiter > Compressor > Space D

 

Tr.2 :: Dilruba 1

  • Roalnd VG-88 – Violin
  • Pitch Correct > Exciter > ChanEQ > Flanger > Amp > SmapleDly > Space Dsn

 

Tr.3 :: Dilruba 2

  • KONTAKT 5 – Sitar
  • Pitch Shift > Channel EQ > Compressor

 

Tr.4 :: Tambura

  • KONTAKT 5 – Star Nation
  • Tremolo

 

Tr.5 :: Sitar 1

  • Roland VG-88 – Sitar
  • Channel EQ > Sample Delay > Space D

 

Tr.6 :: Sitar 2

  • KONTAKT 5 – Sitar Nation
  • Channel EQ > Compressor

 

Tr.7 :: Swarimandal

  • EastWest Fab Four – Swarimandal Forever
  • Channel EQ > Compressor

 

Tr.8 :: Strings

  • KONTAKT 5 – Strings
  • Channel EQ > Compressor > Spread

 

Tr.9 :: SE

  • Original CD
  • 最後に入る笑い声。原曲から拝借。

History

2016.11.07: version 2.1
2012.02.29: version 2.0
2003.04.25: version 1.0

Diary


Sources