When I’m Sixty-Four – The Beatles

SGT.PEPPER'S LONELY HEARTS CLUB BAND, The Beatles

composed by John Lennon & Paul McCartney ©1967 Northern Songs Ltd.
 

僕が年老いて 髪が薄くなる時
ずっと先の話だけど
君はまだバレンタインに贈ってくれる?
ワインで誕生日をお祝いしてくれる?

 
ビートルズが1967年にリリースしたアルバムSGT.PEPPER’S LONELY HEARTS CLUB BANDの9曲目。クレジットはLennon – McCartneyだが実質的にはポール・マッカートニーの作品である。彼が父ジムのために作った曲で中間部以外は10代後半の時に作ったらしい。ジムが1966年に64歳になったことでポールはこの曲を再び引っ張り出してきた。

ポールは自分の歌声が若く聴こえるようにとミキシング時にテープの回転数を若干上げて音程を高くした。このためおそらくCで演奏しているはずの曲がレコードではC#になっている。
オールドジャズ風のクラリネットのアレンジはジョージ・マーティンによるもの。

ポール自身は2006年6月18日に64歳の誕生日を迎えたがその直前に再婚相手のヘザー・ミルズと離婚。そんなポールを励ます意味も込めて彼の子供たちが集まってこの曲を録音し誕生祝いとしてプレゼントしたという。

日本では1970年代に子供番組TV番組「ひらけ!ポンキッキ」のBGMにこの曲のイントロ等が使われていたため、有名な曲ではないにもかかわらず世代によっては非常に馴染みのある曲。


John Lennon (1967)
'When I’m Sixty Four’ was something Paul wrote in the Cavern days. We just stuck in a few more words, like 'grandchildren on your knee,’ and 'Vera Chuck and Dave.’ It was just one of those ones that he’d had, that we’ve all got, really– half a song. And this was just one of those that was quite a hit with us. We used to do it when the amps broke down, just sing it on the piano.
 
「ホエン・アイム・シックスティ―・フォー」はキャバーンで演ってた頃にポールが書いた曲だ。僕は’grandchildren on your knee, Vera Chuck and Dave’を書いたくらいかな。当時の僕らのレパートリーのひとつだった…半分しかなかったけどね。そして結構人気があったんだよ。アンプの調子が悪い時なんかにこれをピアノで演奏してたんだ。

John Lennon (1972)
I think I helped Paul with some of the words.
 
たしか歌詞をちょっと手伝ったと思う。

John Lennon (1980)
Paul’s, completely. I would never dream of writing a song like that. There’s some things I never think about, and that’s one of them.
 
完全にポールの曲だ。僕はこういう曲を書こうとは夢にも思わないよ。僕には思いもつかない曲のひとつだね。

Paul McCartney (1984)
I wrote the tune when I was about 15, I think, on the piano at home, before I moved from Liverpool. It was kind of a cabaret tune. Then, years later, I put words to it.
 
15歳くらいの時に書いた曲だと思う。リバプールから引っ越す前に住んでた家のピアノでね。キャバレー風の曲だよ。で、何年か経ってから歌詞を作った。

Paul McCartney (1994)
I thought it was a good little tune but it was too vaudvillian, so I had to get some cod lines to take the sting out of it, and put the tongue very firmly in cheek.
 
小粋な曲なんだけどちょっとボードビルっぽすぎたから歌詞にはそれっぽくない言葉を入れて茶化した感じにしたんだ。

My Recording Data

Environment

HostApple iMac MC509J/A
ApplicationApple Logic Pro 10.2.4
Audio I/FRoland UA-55
 

Tr.1 :: Drums

  • exs24 – Real ACO Drums Brush Kit
  • Channel EQ > Compressor > Space D > Limiter

 

Tr.2 :: Bass

  • Rickenbacker 4001 C64 (front – full)
  • Guitar Rig > Compressor

 

Tr.3 :: E.Guitar

  • Gibson Les Paul Traditional (rhythm – full)
  • Guitar Rig > Channel EQ > Compressor

 

Tr.4-6 :: Clarinet

  • KONTAKT 5 – Clarinet Combi
  • Channel EQ > Compressor
  • パート別で計3トラック

 

Tr.7 :: Piano

  • exs24 – Steinway Grand Piano
  • Exciter > Chan EQ > Space Dsn

 

Tr.8 :: Bell

  • exs24 – Tubular Bells
  • Chan EQ > Exciter > Space Dsn

 


History

2016.11.11: version 2.1
2012.03.03: version 2.0
2003.04.19: version 1.0

Diary


Sources