The Ballad Of John And Yoko 【ジョンとヨーコのバラード】- The Beatles

SINGLE COLLECTION, The Beatles

composed by John Lennon & Paul McCartney ©1969 Northern Songs Ltd.
 

サウサンプトンの桟橋に立って
オランダかフランスへ行こうとしたら
レインコートの男が「さっさと帰れよ」って言う
連中は僕たちにチャンスすらくれない
畜生 楽じゃないぜ
どんなに大変かわかるだろう
みんながこうして僕を磔にしようとするんだ

 
1969年に発売されたビートルズ20枚目のオリジナル・シングルのA面(B面は「オールド・ブラウン・シュー」)。クレジットはLennon – McCartneyだが実質的にはジョン・レノンの作品である。
東芝EMIはアルバムREVOLVER以降、ビートルズの曲に独自の邦題をつけることをやめて原題をカタカナ表記することを基本とした。例外となったのは「愛こそはすべて」とこの曲の2曲のみ。

ジョンが前衛芸術家のオノ・ヨーコと再婚した時の騒動を題材にしたジャーナリスティック・ソング。レコーディング当日はジョージ・ハリスンは休暇中、リンゴ・スターは映画の撮影で不在だったためにジョンとポール・マッカートニーのふたりだけで全トラックを録音。リードボーカルとバッキングのアコースティックギター以外は全てポールが担当した。
レコーディング中、ドラムを叩くポールに「もっとテンポを上げてくれ、リンゴ!」と言うジョンに「オーケー、ジョージ」とポールが答えるといった会話もあり、終始和やかな雰囲気で作業が進んだようだ。

1966年に「ビートルズはキリストより人気がある」と発言して物議を醸したジョンが書いた"Crist you know it wain’t easy … You’re gonna crucify me."という歌詞。Cristは「キリスト」でcrucifyは「磔」というニュアンス。悪意の文中でのCristは冒涜に当たる上に、この一節が「キリストを十字架にかける」と解釈される可能性もある。ポールは「これ、まずいんじゃない?本気で誰かが怒りだすよ」と心配したがジョンはそのまま押し切った。

エンディングは1957年にジョニー・バーネット・トリオがリリースした「ローンサム・ティアーズ・イン・マイ・アイズ」のイントロに触発されたもの。ビートルズのカバーバージョンがアルバムLIVE AT THE BBCに収録されている。


John Lennon (1969)
It’s something I wrote, and it’s like an old-time ballad. It’s the story of us going along getting married, going to Paris, going to Amsterdam, all that. It’s 'Johnny B. Paperback Writer.’ The story came out that only Paul and I were on the record, but I wouldn’t have bothered publicizing that. It doesn’t mean anything. It just so happened that there were only two of us there — George was abroad and Ringo was on the film and he couldn’t come that night. Because of that, it was a choice of either re-mixing or doing a new song — and you always go for doing a new one instead of fiddling about with an old one. So we did and it turned out well.
 
僕が書いた。昔のバラードっぽい曲だ。結婚するまでの物語さ。パリに行って、アムステルダムに行って…。「ジョニー・B・ペーパーバック・ライター」だね。ポールと僕だけで録音したんだけど、リリースすることには問題なかったよ。別におかしな意味じゃなくて、たまたま僕らだけしかいなかったんだ。ジョージは外国に行ってたし、リンゴは映画の仕事があってあの夜は来れなかった。だからその日はリミックスの作業をするか新しい曲を演るか…で、結局新しい曲を演ることにしたんだ。僕らは古い曲をいじくり回すより新しいものに取る組むことを常としてきた。これもうまくいったと思うよ。

John Lennon (1980)
Well, guess who wrote that? I wrote that in Paris on our honeymoon. It’s a piece of journalism. It’s a folk song. That’s why I called it, 'The Ballad Of…’
 
誰が書いたと思う?新婚旅行中のパリで僕が書いた。ジャーナリズムをテーマにね。これはフォークソングだから「バラッド」ってタイトルにしたんだ。

Paul MCartney (1988)
John came to me and said, 'I’ve got this song about our wedding and it’s called The Ballad Of John And Yoko, Christ They’re Gonna Crucify Me, and I said 'Jesus Christ, you’re kidding aren’t you? Someone really is going to get upset about it.’ He said, 'Yeah, but let’s do it.’ I was a little worried for him because of the lyric but he was going through alot of terrible things. He came around to my house, wanting to do it really quick. He said, 'Let’s just you and me run over to the studio.’ I said 'Oh alright, I’ll play drums, I’ll play bass.’ John played guitar. So we did it and stood back to see if the other guys would hate us for it– which I’m not sure about. They probably never forgave us. John was on heat, so to speak. He needed to record it so we just ran in and did it.
 
ジョンがやって来てこう言ったんだ「『ジョンとヨーコのバラード』っていう、僕らの結婚についての曲を作った。『神よ、彼らは僕を磔にしようとする』」。僕は「正気かよ?冗談だよね?これ、本気で怒り出す人がいるぞ…」と答えた。彼は「ああそうかもな。でもやろうぜ」って。僕は歌詞については本当に心配だったんだけど、まぁジョンは怖いもの知らずだからね。彼は早く仕上げたがってたよ。僕の家に来て「僕らだけでスタジオに入ろう」ってね。僕は「わかった。僕がドラムとベースをやるよ」って言った。ジョンがギターを弾いた。こうやって仕上げた曲だけど、他の人には良く思われないかもしれないからちょっと腰が引けたのも事実さ。僕らは許してもらえないかもしれない。でもジョンは熱心だったんだ。とにかくレコーディングしたがってたから、僕らはスタジオに向かったんだ。

My Recording Data

Environment

HostApple iMac MC509J/A
ApplicationApple Logic Pro 10.0.7
Audio I/FRoland UA-55
 

Tr.1 :: Drums

  • KONTAKT 5 – ABBEY ROAD 60S DRUMMER
  • Channel EQ > Space D > Limiter > ADT

 

Tr.2 :: Bass

  • Rickenbacker 4001 C64 (front + rear, tone=full)
  • Guitar Rig > Multipressor > Channel EQ > Limiter

 

Tr.3 :: A.Guitar

  • YAMAHA FG-520 TBS
  • Guitar Rig > Channel EQ > Limiter

 

Tr.4 :: E.Guitar 1

  • Epiphone Elitist CASINO (mix-full)
  • Guitar Rig > Channel EQ > Limiter
  • L-chから聴こえるパート

 

Tr.5 :: E.Guitar 2

  • Epiphone Elitist CASINO (mix-full)
  • Guitar Rig > Channel EQ > Limiter
  • R-chから聴こえるパート

 

Tr.6 :: Piano

  • exs24 Steinway Piano 2
  • Channel EQ > Space D

 

Tr.7 :: Maracas

  • Maracas
  • Channel EQ > Compressor > Enveloper > Sample Delay

 


History

2015.01.19: version 2.0
2004.07.25: version 1.0

Diary


 


Sources