Old Brown Shoe – The Beatles

SINGLE COLLECTION, The Beatles

composed by George Harrison ©1969 Harrisongs Ltd.
 

「真実」の愛が欲しい
真実の半分は嘘なんだけどね
短い髪の娘がいいな
たまには倍の長さにしてみたり
さあ この古ぼけた茶色い靴を脱ぎ捨てるよ
君を愛してしまったんだ
一緒にいると嬉しい
もうこれまでとは違う
わかるよね

 
1969年に発売されたビートルズ20枚目のオリジナル・シングルのB面(A面は「ジョンとヨーコのバラード」)。ジョージ・ハリスンの作品。

この頃のジョージはギターとベースのユニゾンフレーズを好んでいくつかの楽曲で取り入れており、この曲でもミドルエイトのバッキングでベースとギターがユニゾンになっている。
この曲のベースについて、ジョージは1987年に雑誌"CREEM"のインタビューで「自分が弾いた」と答えていた。

You also told me you played bass on “Old Brown Shoe."
 
「オールド・ブラウン・シュー」はベースもあなたが?

It’s like a lunatic playing.
 
狂ったように弾いたよ

It sounds like McCartney was going nuts again.
 
またマッカートニーがイカれちゃったのかと

That was me going nuts. I’m doing exactly what I do on the guitar.
 
イカれちゃったのは僕さ。ギターと同じことをやっただけなんだけどね。

George Harrison (1980)
I started the chord sequences on the piano, which I don’t really play, and then began writing ideas for the words from various opposites… Again, it’s the duality of things– yes no, up down, left right, right wrong, etcetera.
 
まずピアノでコードを組み立てたんだ。演奏…ってほどのもんでもなかったかな。それから反義語を使って歌詞を作り始めた。物事の2面性、だね。イエスとノー、上と下、右と左、正しいことと間違ったこと、などなどさ。

My Recording Data

Environment

HostApple iMac MC509J/A
ApplicationApple Logic Pro 10.1
Audio I/FRoland UA-55
 

Tr.1 :: Drums

  • KONTAKT 5 – ABBEY ROAD 60S DRUMMER
  • Channel EQ > Space D > Limiter > ADT

 

Tr.2 :: Bass

  • FGN NCJB-10R (front 10, rear 10, tone 1/2)
  • Guitar Rig > Channel EQ > Compressor > Limiter

 

Tr.3 :: A.Guitar

  • YAMAHA FG-520 TBS
  • Channel EQ > Limiter

 

Tr.5 :: E.Guitar 1

  • Gibson Les Paul Traditional (mix-full)
  • Guitar Rig > Rotor > Channel EQ > Compressor > Limiter > ADT
  • リードパート

 

Tr.4 :: E.Guitar 2

  • FGN NCST-10R (front-full)
  • Guitar Rig > Channel EQ > Compressor > ADT
  • L-chから聴こえるパート

 

Tr.5 :: Piano

  • KONTAKT 5 – Uplight Piano
  • Binaural > Channel EQ > Exciter > Linear EQ > Modulation Delay > Compressor

 

Tr.6 :: Organ

  • Vintage B3 (Logic)
  • Compressor > Channel EQ > Overdrive > Limiter

 


History

2015.01.30: version 2.0.3
2015.01.27: version 2.0.2
2015.01.26: version 2.0.0, 2.0.1
2004.07.29: version 1.0

Diary


 


Sources