No Reply – The Beatles

BEATLES FOR SALE, The Beatles

composed by John Lennon & Paul McCartney ©1964 Northern Songs Ltd.
 

前にも同じことがあった
君の家のドアを叩いても
返事はない
君はいなかったと皆は言うけど
僕は見たんだ
君が窓から覗き見しているのを

 

ビートルズが1964年にリリースしたアルバムBEATLES FOR SALEの1曲目。クレジットはLennon – McCartneyだが、実質的にはジョン・レノンの作品である。

前作A HARD DAY’S NIGHTまでと違って落ち着きのある曲調とアレンジはこのアルバム全体のカラーを象徴している。
リンゴのボサ・ノバ風の演奏が地味ながら絶妙。アクセントの部分ではシンバルをオーバー・ダビングするなど、シンプルな楽器編成でありながらもキメ細かな音作りになっている。


John Lennon (1972)
I remember (Beatles music publisher) Dick James coming up to me after we did this one and saying, 'You’re getting better now– that was a complete story.’ Apparently, before that, he thought my songs wandered off.
 
この曲を出した後で(出版社の)ディック・ジェイムズが僕のところにやって来てこう言った。「いいね。ちゃんとした物語になってる」。どうやらそれまで彼は僕の歌は支離滅裂だと思ってたみたいなんだ。

John Lennon (1980)
That’s my song. That’s the one where Dick James the publisher said, 'That’s the first complete song you’ve written that resloves itself,’ you know, with a complete story. It was sort of my version of 'Silhouettes.’ (sings) 'Silhouettes, silhouettes, silhouettes…’ I had that image of walking down the street and seeing her silhouetted in the window and not answering the phone, although I never called a girl on the phone in my life. Because phones weren’t part of the English child’s life.
 
僕の曲だ。出版社のディック・ジェイムズに「君がきちんとした曲を書いたのはこれが初めてだね」って言われたよ。物語として完結してるって意味でね。これは「シルエット」の僕バージョンってとこかな「(歌う)Silhouettes, silhouettes, silhouettes…」。通りを歩いてると窓に彼女のシルエットが見える、でも電話には出ない…そんな場面を想像したんだ。でも実のところ僕は人生で1度も女の子に電話をかけたことはないんだよ。電話はイングランドの子供にとって生活の一部ではなかったからね。

Paul McCartney (1994)
We wrote 'No Reply’ together but from a strong original idea of his. I think he pretty much had that one, but as usual, if he didn’t have a third verse and the middle-eight, then he’d play it to me pretty much formed. Then we’d shove a bit in the middle or I’d throw in an idea.
 
僕らは「ノー・リプライ」を一緒に書いた。でもほとんど彼のアイデアだよ。ほとんど彼だけで完成させたんだけど、いつもみたいに3番がないとかミドルエイトはまだとかそういう状態で聞かせてくれてね。そこで僕がちょっとしたアイデアを出したのさ。

My Recording Data

Environment

HostApple iMac MC509J/A
ApplicationApple Logic Pro 9.1.3
Audio I/FRoland UA-25EX
 

Tr.1 :: Drums

  • KONTAKT 5 – NI ABBEY ROAD 60S DRUMMER
  • Channel EQ > Compressor > Space D > Limiter

 

Tr.2 :: Drums (Over Dubbing)

  • KONTAKT 5 – NI ABBEY ROAD 60S DRUMMER
  • Channel EQ > Compressor > Space D > Limiter
  • オーバーダビングされてるハンドクラップ、シンバル、キック

 

Tr.3 :: Bass

  • >Hofner 500/1 Vintage 62 (Treble off, Bass on, Rhythm on)
  • Guitar Rig > Compressor

 

Tr.4 :: A.Guitar

  • YAMAHA FG-520 TBS
  • Chan EQ > Compressor > ADT

 

Tr.5 :: E.Guitar

  • Gretsch Tennessee Rose (Mix-Mid)
  • Guitar Rig > Channel EQ > Compressor

 

Tr.6 :: Piano

  • exs24 + Steinway Piano
  • Channel EQ > Exciter > Space D > Compressor

 


History

2015.11.26: version 2.1
2011.03.23: version 2.0
2002.08.24: version 1.0

Diary


 


Sources