Magical Mystery Tour – The Beatles

MAGICAL MYSTERY TOUR, The Beatles

composed by John Lennon & Paul McCartney©1967 Northern Songs Ltd.
 

集まれ
出かけよう不思議な旅に
招待状がきたよ
予約しなくちゃ
マジカル・ミステリー・ツアーがあなたを待っている

 
1967年にビートルズ自身が製作・主演したテレビ用の映画MAGICAL MYSTERY TOURの米キャピトル編集盤サウンドトラック・アルバムの1曲目。クレジットはLennon – McCartneyだが実質的にはポール・マッカートニーの作品である。

1967年4月初めにアメリカに行ったポールは「ビートルズが大型バスに乗り込んで『不思議な旅』に出るというショート・フィルム」の企画を思いつき、イギリスに帰国する飛行機の中でメモを書き留めた。帰国してそのメモをメンバーに見せた段階でこのテレビ番組の制作が決定する。映画の具体的内容や製作日程がまだ未決の時点で「いずれはタイトル曲が必要になる」と考えたポールが書いたのがこの曲。
レコーディング・セッションの最中に「バスツアーのタイトル曲にはやはりバスの音が必要」という話になりアビーロードのライブラリにあった「バスの走行音」が挿入された。


John Lennon (1972)
Paul wrote it. I helped with some of the lyric.
 
ポールが書いた。ちょっと歌詞を手伝ったよ。

John Lennon (1980)
Paul’s song. Maybe I did part of it, but it was his concept.
 
ポールの曲だ。僕も少し手伝ったけど基本的に彼のアイデアさ。

Paul McCartney (1994)
'Magical Mystery Tour’ was co-written by John and I, very much in our fairground period. One of our great inspirations was always the barker: 'Roll up! Roll up!’ The promise of something– the newspaper ad that says 'guaranteed not to crack,’ the 'high class’ butcher, 'satisfaction guaranteed’ from Sgt. Pepper… You’ll find that pervades alot of my songs. If you look at all the Lennon/McCartney things, it’s a thing we do a lot.
 
「マジカル・ミステリー・ツアー」はジョンとの共作だよ。僕らはだいたい「ロールアップ!ロールアップ!」みたいな叫び文句からインスピレーションを得たのさ。あとは「何かを保証する」っていう意味で新聞広告の「決して壊れません」とか肉屋の「特上品」とかサージェント・ペッパーでも使った「必ず満足していただけます」とかの定型文。僕の曲にはそういう言い回しがたくさんあるのに気付くと思うよ。レノン=マッカートニーの曲にもね。

My Recording Data

Environment

HostApple iMac MC509J/A
ApplicationApple Logic Pro 10.3
Audio I/FNative Instruments KOMPLETE AUDIO 6

 

Tr.1 :: Drums

  • KONTAKT 5 – NI ABBEY ROAD 60S DRUMMER
  • Channel EQ > Compressor > Space D > Limiter

 

Tr.2 :: Cowbell

  • exs24 – Percussion Kit
  • Channel EQ > Compressor

 

Tr.3 :: Maracas

  • Maracas
  • Channel EQ > Compressor > Spread > Limiter

 

Tr.4 :: Tambourine

  • Tambourine (Headless)
  • Channel EQ > Space D > Limiter

 

Tr.5 :: Bass

  • Rickenbacker 4001 C64 (mix – full)
  • Guitar Rig > Compressor

 

Tr.6 :: A.Guitar

  • Headway HD-113 SE/STD
  • Channel EQ > Compressor > Space D > ADT

 

Tr.7 :: E.Guitar

  • FGN NCST-10R (rear)
  • Guitar Rig > Rotor > Compressor

 

Tr.8 :: Piano

  • exs24 – Steinway Grand Piano
  • Channel EQ > Exciter > Space D

 

Tr.9 :: Trumpet

  • KONTAKT 5 – Trumpet Ensemble
  • Chan EQ > Compressor

 

Tr.10 :: Bus

  • 遠鉄バス

 

Tr.11 :: Finger Cymbal

  • exs24 – Percussion Kit

 


History

2017.01.24: version 2.1
2012.06.15: version 2.0
2003.05.04: version 1.0

Diary


 


Sources