I’m Only Sleeping – The Beatles

REVOLVER, The Beatles

composed by John Lennon & Paul McCartney ©1966 Northern Songs Ltd.
 

朝早く目が覚めて
頭を上げても
まだあくびをしてる
夢の途中にいる時は
ベッドにいて
ただ身を任せるんだ

 

ビートルズが1966年にリリースしたアルバムREVOLVERの3曲目。クレジットはLennon – McCartneyだが実質的にはジョン・レノンの作品で、時間に追われる現代人を風刺した曲。

アルバムに先立ってリリースされたシングル「ペーパーバック・ライター」のB面「レイン」のエンディングで彼らが初めて用いた「テープの逆回転」が本曲はギタートラックで多用され、これによってけだるい雰囲気を作り出すことに成功している。
ギターは始めから逆回転を意図的に使うつもりで録音された。まず普通にフレーズを弾いたものを採譜し、その音符を反転させて「逆方向」の譜面を作り、その譜面に合わせて弾いたギターを録音し、そのテープを逆回転させて完成させている。根気が必要な作業で、オーバーダビングには6時間を要したという。なおモノラル盤とステレオ盤では逆回転ギターの挿入箇所が異なっている。


John Lennon (1980)
It’s got backwards guitars… that’s me dreaming my life away.
 
ギターの逆回転を使ったよ。夢見心地だね。

Paul McCartney (1994)
It was a nice idea– 'There’s nothing wrong with it. I’m not being lazy, I’m only sleeping, I’m yawning, I’m meditating, I’m having a lay-in.’ The luxury of all that was what it was all about. The song was co-written but from John’s original idea.
 
いいアイデアだった。「別にいいじゃないか。僕はダラダラと寝てるだけ。あくびして、瞑想して、横たわってる…」それこそ最高の贅沢さ。この曲は共作だけどアイデアを出したのはジョンだった。

Recording Data

Environment

HostApple iMac MC509J/A
ApplicationApple Logic Pro 10.2.2
Audio I/FRoland UA-55
 

Tr.1 :: Drums

  • KONTAKT 5 – NI ABBEY ROAD 60S DRUMMER
  • Channel EQ > Compressor > Space D > Limiter

 

Tr.2 :: Tambourine

  • Tambourine (Headless)
  • Channel EQ > Space D > Limiter

 

Tr.3 :: Bass

  • Rickenbacker 4001 C64 (mix – full)
  • Guitar Rig > Compressor

 

Tr.4 :: A.Guitar

  • YAMAHA FG-520 TBS
  • Channel EQ > Exciter > Compressor > Limiter > ADT
  • 全弦半音下げ

 

Tr.5 :: E.Guitar 1

  • Epiphone Elitist CASINO (rear – full)
  • Guitar Rig > Channel EQ > Exciter > Compressor
  • 逆回転その1

 

Tr.6 :: E.Guitar 2

  • Epiphone Elitist CASINO (rear – full)
  • Guitar Rig > Channel EQ > Exciter > Compressor
  • 逆回転その2

 

Tr.7 :: E.Guitar 3

  • Epiphone Elitist CASINO (rear – full)
  • Guitar Rig > Channel EQ > Exciter > Compressor
  • 逆回転その3。エンディングがちょっと薄かったので前回のテイクを置いた。あくまで空気みたいな役割なので音量はかなり控えめ。

 


Reverse Guitar Original Phrase

数名の方からご要望いただいたので逆再生前の「元フレーズ」。間奏はこんな感じ。
 

 


History

2016.06.12: version 2.1
2011.09.05: version 2.0
2002.12.01: version 1.0

Diary


 


Sources