*** You can find Score / TAB of my playing on YouTube ***

[yourchannel user=”Beatles Score / TAB – case of Ryohei Kanayama”]

Got To Get You Into My Life – The Beatles

REVOLVER, The Beatles

composed by John Lennon & Paul McCartney ©1966 Northern Songs Ltd.
 

僕はひとりだった
車ででかけた
そこに何が待っているのか知る由もなく
いつもと同じ道だから
いつもと変わらない気分だった
そこで突然君に出会った
君が必要だなんて話したっけ
僕の人生で一日も欠かすことなく

 
ビートルズが1966年にリリースしたアルバムREVOLVERの13曲目。クレジットはLennon – McCartneyだが、実質的にはポール・マッカートニーの作品である。

歌詞の一部をジョン・レノンとジョージ・ハリスンが手伝った。

当時流行していたモータウンに影響を受けて書かれた曲で、ビートルズの作品としては初めて大々的にブラスセクションがフィーチャーされ話題になった。このブラスのアレンジは元々重ねられていたリードギターをなぞったもので、ミックス時にこのギターはカットされた。


John Lennon (1968)
We were doing our Tamla Motown bit. You see, we’re influenced by whatever’s going. Even if we’re not influenced, we’re all going that way at a certain time.
 
モータウンをやってみたんだ。僕らはなんでも取り入れるのさ。影響されるものがなかったとしたらその時は自分たちで切り開いていくんだ。

John Lennon (1972)
I think George and I helped with some of the lyrics. I’m not sure.
 
ジョージと僕が歌詞を手伝った気がする。よく覚えてないけど。

John Lennon (1980)
Paul. I think that was one of his best songs, too, because the lyrics are good and I didn’t write them. You see? When I say that he could write lyrics if he took the effort– here’s an example.
 
ポールだ。彼のベストのうちのひとつだね。歌詞がいいんだ。僕が書いたんじゃない。彼だって努力すればいい詞が書けるんだよ。そのいい例さ。

Paul McCartney (1984)
That’s mine– I wrote it. It was the first one we used brass on, I think. One of the first times we used soul trumpets.
 
僕の曲だよ。初めてブラスを使ってみんたんだ。ソウルフルな感じのトランペットをね。

Paul McCartney (1994)
I’d been a rather straight working class lad, but when we started to get into pot it seemed to me to be quite uplifting. It didn’t seem to have too many side effects like alcohol or some of the other stuff, like pills, which I pretty much kept off. I kind of liked marijuana and to me it seemed it was mind-expanding, literally mind-expanding. So 'Got To Get You Into My Life’ is really a song about that. It’s not to a person, it’s actually about pot. It’s saying, 'I’m going to do this. This is not a bad idea.’ So it’s actually an ode to pot, like someone else might write an ode to chocolate or a good claret. I haven’t really changed my opinion too much, except if anyone asks me for real advice, it would be stay straight. That is actually the best way, but in a stressful world I still would say that pot was one of the best of the tranquilizing drugs. I have drunk and smoked pot and of the two I think pot is less harmful. People tend to fall asleep on it rather than go out and commit murder, so it’s always seemed to me to be a rather benign one.
 
いつもでその歳相応の仕事をしようと思ってるんだけど、いざ始めてしまうとどうしても背伸びしちゃうんだな。酒とかクスリとかそういうものに頼りすぎてたわけじゃないけどマリファナみたいなものをやると確かに思考が拡がるんだ。「ゴット・トゥ・ゲット・ユー・イントゥ・マイ・ライフ」はそういう曲なんだ。「人」のことじゃなくて「マリファナ」がテーマなのさ。僕は「これをやるつもりだ。悪い考えじゃないよ」って言ってる。チョコレートとか赤ワインについて歌う人がいるけど、そういう類の曲だよ。本当に的を得た助言をもらったとしても人の心とか考えなんてそう簡単に変わるもんじゃない。本当は素直になるべきなんだろうけど。でもストレスが多い世界に生きてるとマリファナが最高の精神安定剤だと言わざるをえないんだ。僕にとってはマリファナの方が酒よりも害がなかった。多くの人にとってそれは外に出て暴れるためじゃなくて眠りにつくためのきっかけになってたみたいだけど、僕にとっては何かを始めるためのものだったのさ。

My Recording Data

Environment

HostApple iMac MC509J/A
ApplicationApple Logic Pro 10.2.4
Audio I/FRoland UA-55
 

Tr.1 :: Drums

  • KONTAKT 5 – NI ABBEY ROAD 60S DRUMMER
  • Channel EQ > Compressor > Space D > Limiter

 

Tr.2 :: Tambourine

  • Tambourine (Headless)
  • Channel EQ > Space D > Limiter

 

Tr.3 :: Bass

  • Rickenbacker 4001 C64 (front – 0)
  • Guitar Rig > Compressor

 

Tr.4 :: Guitar 1

  • Epiphone Elitist CASINO (rear – full)
  • Guitar Rig > Channel EQ > Exciter > Compressor > ADT

 

Tr.5 :: Guitar 2

  • Epiphone Elitist CASINO (rear – full)
  • Guitar Rig > Channel EQ > Exciter > Compressor

 

Tr.6 :: Trumpet

  • KONTAKT 5 – Trumpet Section
  • Distortion II > Channel EQ > Exciter > Compressor

 

Tr.7 :: Tenor Saxophone

  • KONTAKT 5 – Sax Section
  • Distortion II > Channel EQ > Exciter > Compressor

 

Tr.8 :: Pianet

  • KONTAKT 5 – SCARBEE CLAVINET / PIANET
  • Amp > Channel EQ > Compressor

 


History

2016.08.10: version 2.1
2011.11.27: version 2.0
2003.03.06: version 1.0

Diary

 


Sources