Every Little Thing – The Beatles

BEATLES FOR SALE, The Beatles

composed by John Lennon & Paul McCartney ©1964 Northern Songs Ltd.
 

彼女と並んで歩いていると
みんなは僕に「運がいい」って言う
そう 僕は運がいい男なんだ
彼女に出会った頃
僕は寂しい男だった
彼女のことを考えずにはいられないんだ

 
ビートルズが1964年にリリースしたアルバムBEATLES FOR SALEの11曲目。クレジットはLennon – McCartneyだが、実質的にはポール・マッカートニーの作品である。

ジョン・レノンがメインボーカルなのでジョンの作品だと思っていたのだが、ポール曰くこの曲は彼が当時住んでいた恋人のジェーン・アッシャーの家にある音楽室で書いたとのこと。ジョンも後年プレイボーイ誌のインタビューでこの曲について「ポールが書いた」と答えている。

この曲ではアクセントのためにティンパニが使用された。ロックのレコードではあまり使われていなかった楽器ではあるが、独特の雰囲気作りに一役買っている。またセッションにジョージ・ハリスンが寝坊で遅刻してしまい不在で代わりにジョンがジョージのパートを演奏したことで「4人がそろわず録音されたビートルズ史上最初の曲」とよく言われている。が、ピッキングのアクセントからいって12弦ギターのパートはジョージの演奏だと思う。


John Lennon (1980)
'Every Little Thing’ is his song. Maybe I threw in something.
 
「エブリ・リトル・シング」は彼の曲だよ。僕もなにか手伝ったかもしれないけど。

Paul McCartney (1994)
'Every Little Thing,’ like most of the stuff I did, was my attempt at the next single… but it became an album filler rather than the great almighty single. It didn’t have quite what was required.
 
「エブリ・リトル・シング」とか、他のもそうだけど、僕はシングル用の曲を作りたかったんだ。でもこれは偉大なるシングル盤じゃなくてアルバムの埋め合わせにしかならなった。シングルにするのに必要な何かが欠けていたのさ。

Recording Data

Environment

HostApple iMac MC509J/A
ApplicationApple Logic Pro 10.2.0
Audio I/FRoland UA-55
 

Tr.1 :: Drums

  • KONTAKT 5 – NI ABBEY ROAD 60S DRUMMER
  • Channel EQ > Compressor > Space D > Limiter

 

Tr.2 :: Bass

  • Hofner 500/1 Vintage 62 (Treble off, Bass on, Rhythm on)
  • Guitar Rig > Compressor

 

Tr.3 :: A.Guitar

  • YAMAHA FG-520 TBS
  • Channel EQ > Compressor > Limiter > ADT

 

Tr.4 :: E.Guitar

  • Rickenbacker 360/12 (mix – full)
  • Guitar Rig > Channel EQ > Compressor

 

Tr.5 :: Piano

  • exs24 + Steinway Ground Piano
  • Channel EQ > Exciter > Space D > Compressor

 

Tr.6 :: Timpani

  • exs24 – Orchestra Kit
  • Channel EQ > Space D > Limiter

 


History

2016.01.03: version 2.1
2011.03.23: version 2.0
2002.10.06: version 1.0

Diary


 


Sources